藤浪農園

会社概要|アロエ特集|オリヅルラン特集|K's magic

オリヅルラン特集

オリヅルラン
青鉢入りのオリヅルラン
テラスに置いたオリヅルラン
橙鉢入りのオリヅルラン
ガラス容器のオリヅルラン
原産地
南アフリカ
由来
ランナーが伸び花が咲いた後に、小さな子株がでてきて、それが折り鶴の様な形に見える事から和名が名付けられました。
育て方
観葉植物は室内で楽しむ物と思いがちですが、オリヅルランは宿根草で非常に丈夫で育てやすく生育も活発ですので、日当たりの良い窓際に置き、できるだけ外に出した方が元気の良いしっかりとした株になります。暑さに強く寒さも株がしっかりできていれば4度まで耐え、上部が枯れても土中の根が残っていれば春には新芽が出てきます。7〜9月は半日陰に冬期は暖かい日であれば外に出して日光に当てて下さい。鉢が窮屈になってきたら1回り大きな鉢にそのまま植え替えて下さい。用土は市販の物で良いです。また折り鶴(子株)に根が見える様になったら手でつまんでコップで水栽培というのも楽しいです。
水やり
比較的乾燥に強いので、しっかり乾いたら、たっぷりと、また受け皿に水をためず過湿に注意する事が長持ちのコツです。
肥料
2ヶ月毎に市販の置き肥を与えて下さい。
植え込み
冬以外はいつでも良いです。
花壇材料に観葉に最適で定番の植物です
ガーデニング
ガーデニング
ハンギング
ハンギング
寄せ植え
寄せ植え
室内インテリア
室内インテリア